【無料】コロナ対策!飲食店のメニューはQRコードで簡単設置

新型コロナウイルスの影響で、今まで以上に必要となる衛生対策。その中でも、飲食店におけるメニュー表の消毒は、店舗スタッフの負担になっているかと思います。お店にQRコードを設置し、お客様に読み取ってもらうことで、非接触でメニュー表を提示できます。

今回は、簡単に無料で作成できるメニュー表QRコードの作成方法をご紹介します。

利用するツールは、

となります。

メニュー表をQRコードで読み取る流れ

 

作成の流れ

1
Canvaでメニュー表の作成
2
GoogleDriveで共有用URLの作成
3
QRコード作成
4
お店にQRコードを設置

STEP1 Canvaでメニュー表の作成

Canva」(キャンバ)とは、無料で利用できるデザイン作成ツールです。テンプレートが豊富にありメニュー表のテンプレートもたくさんあります。今回は、テンプレートのメニューを使って作成していきます。

すでにお店で使っているメニューを利用する場合は、メニューをスキャンしてPDF化するだけでOKです。

スマホからPDFを作成する方法

まずはこちらから、アカウントを作成しログインします。

Canvaログイン画面

「テンプレート」から「メニュー」をクリック

Canvaテンプレート選択画面

お店の雰囲気にあったテンプレートを選択します。

Canvaテンプレート選択方法

メニューを作成し、ファイルの種類がPDFになってることを確認し「ダウンロード」をクリック。画像を保存します。

Canvaダウンロード方法説明
補足説明
  • Canvaでは複数ページのメニューも作成可能です。
  • 有料素材を使用している場合は料金が発生する可能性があります。

STEP2 GoogleDriveで共有用URLの作成

GoogleDrive」へPDFファイルをドラッグアンドドロップしてアップロードします。

GoogleDriveへのファイルアップロード方法

アップロードしたら共有設定を変更します。「︙」をクリックし、「共有」をクリック

GoogleDrive共有方法

「リンクを知ってる全員に変更」をクリック

GoogleDrive共有リンクの取得

「リンクをコピー」をクリック

GoogleDrive共有リンクのコピー

STEP3 QRコード作成

STEP2の最後にコピーしたURLをクルクル マネージャーにペーストし「作成」をクリック

クルクルマネージャーQRコード作成画面

このとき、アクセス解析の「リダイレクト」にしておくと可変QRコードが可能となります。後からメニューの中身などがかわった場合も、QRコードを印刷しなおす必要はなくURLを変更するだけですみます。

あとからQRコードのリンク先を変更する方法:可変QR

2019年1月23日

形式を指定してダウンロード

クルクルマネージャーQRコードダウンロード画面

STEP4 お店にQRコードを設置

Canva」でQRコード設置用のポップを作成し印刷します。

メニューサンプルイメージ

メニュー用のQRコードと一緒にSNSアカウントの掲載や、クルクル チャンネルのQRコードを掲載し登録を促すこともできます。

おまけ 紙のメニューをスマホでPDF化する方法

すでにお店で使っているメニューをスマホでPDF化する場合は、Office Lensがおすすめです。

 

①メニューを読み取る
Office Lensスキャン画面
②メニューがきれいにスキャンされる
Office Lensトリミング画面
ダウンロードはこちらから

 

【インスタ】QRコード作成方法!ネームタグとの違いとは?

2019年5月13日