「公式QRコードリーダー“Q”」ver .2 リリース| UIを大幅にリニューアル

いつも「公式QRコードリーダー“Q”」をご利用いただきありがとうございます。
2019年2月、「公式QRコードリーダー“Q”」のiPhone版、Android版UIを大幅リニューアルしました。

「公式QRコードリーダー“Q”」ver .2の改善内容

  • 起動を高速化しました

iPhone6Sで約3倍の高速化を実現しました。

  • 場所QRコード作成時にGPSでの位置取得が可能になりました

位置情報の利用を許可して「場所」のQRコード作成ページに遷移すると現在地が表示されます。
QRコードにしたい場所をピンどめして「QRコード作成」ボタンを押すと簡単に場所QRコードを作成できます。

場所QRコード作成時にGPSでの位置取得が可能
  • 履歴の表示を改善しました

今まで「読み取り」と「QRコード作成」の履歴は別々のページで管理されていましたが、一元管理できるようになりました。
履歴の表示を一元化

  • 言語を選択できるようになりました

右端の「言語」ボタンをタップすると16言語の中から簡単に選択できます。

  • 「連絡先QRコード」の登録情報を選択できるようになりました

今までは「連絡先」に登録されてる全ての情報がQRコードに変換されていましたが、QRコード作成時も、読み取り時も、必要な情報のみを選択して登録できるようになりました。

     ■QRコード作成時
     ■QRコード読み取り時
QRコード読み取り時の連絡先QRコード

登録時の連絡先QRコード
  • その他細かい不具合を修正しました

「公式QRコードリーダー“Q”」のアップデートはこちら

「公式QRコードリーダー“Q”」とは

【QRコード読み取りアプリ】公式QRコードリーダー“Q”について

2018年6月20日