複数のURLを1つのQRコードにまとめる方法

 

QRコードを作成できるQRコードメーカーは、法人利用に便利なアクセス解析機能を搭載した無料のサービスです。

複数のURLを1つのQRコードにまとめる方法を説明します。
URLの個数に制限はありませんが、文字数が多いとQRコードが細かくなり読み取りづらくなります。

複数のURLをまとめるQRコードの作成方法

  1. QRコードメーカーの「テキスト」タブを選択
  2. 情報を入力し「QRコード作成」をクリック
    ※「URL」タブではないので注意

  3. 画像のダウンロード形式を選択後「ダウンロード」ボタンをクリックして画像を取得複数URLに遷移できるQRコードの作成方法のQRコードの作成画面

QRコードリーダーで確認

公式QRコードリーダー“Q”」で先程作成したQRコードをスキャンし、閲覧したいURLをタップして確認 ※「公式QRコードリーダー“Q”」以外のQRコードリーダーアプリでもスキャンできます

          複数URLに遷移できるQRコードの作成方法のアプリ表示画面

おまけ:QRコードが複数並んでいる時の読み取り方法

 

おまけ:QRコードを複数配置するときの注意点

複数のQRコードを配置する場合に近づけて配置すると、読み取りづらくなる場合があります。
QRコードを複数配置したい時の注意点をまとめました。

QRコードを配置する時の注意点アイキャッチ画像

QRコードを複数配置するときの注意点

2019年3月29日